グレイテスト・ショーマンとテンプレ展開と。

映画『グレイテスト・ショーマン』を鑑賞。




グレイテスト・ショーマン

公開当初評論家による評価は芳しくなかったものの、観客の口コミで大ヒットしたミュージカル映画です。

内容はこんな感じ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「レ・ミゼラブル」でも華麗な歌声を披露したヒュー・ジャックマンの主演で、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル。劇中で歌われるミュージカルナンバーを、「ラ・ラ・ランド」も手がけたベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが担当した。貧しい家に生まれ育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したフィニアス。妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねるフィニアスはやがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げ、大きな成功をつかむ。しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていた。主人公P・T・バーナムことフィニアス・テイラー・バーナムをジャックマンが演じ、バーナムのビジネスパートナーとなるフィリップ・カーライル役を「ハイスクール・ミュージカル」「ヘアスプレー」のザック・エフロン、バーナムの妻チャリティを「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズが演じる。

映画.COMより引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



バーナム効果で名前の残るサーカス興行師バーナムの半生を描いたミュージカルなんですが、ストーリーとしては鬼のようなテンプレ展開しかも、非常に雑!

テンプレの展開に持っていくために、登場人物は意思のない人形のように動き、ワザとらしいタイミングでトラブルが起こります。

たとえば、主人公バーナムがサーカスの団員を集めるシーンでは、自分の容姿に悩み、人前にでることを拒んでいた団員候補が、バーナムが一曲歌い終えると(ミュージカルなので歌いまくります)、瞬く間に気持ちをひるがえし、サーカスの団員になることを了承します。

タイミングを見計らっていたかのようにベストタイミングで火事になる劇場!

火事になったかと思いきや、一曲歌うと、立ち直るバーナムたち!

とにかくストーリーでいうと、ツッコミどころ満載の状態、強引なピンチと強引な立ち直りで、ベタ展開を次々と作り上げていきます。

だが、面白い!

そんなツッコミが完全に野暮になるくらい面白いのです。

グレイテスト・ショーマンの見せ所は、歌とダンス。

ストーリーは歌とダンスを盛り上げるための装飾なのです。

ストーリーはシーンのためにあるんじゃないのか?


たとえば、劇中で歌われる「This is me」という曲のシーン

オフィシャルの映像

これは差別されているサーカスの団員が「それでも自分は自分だと」怒りをもって表明するシーンなのですが、ストーリー上で、バカにされ、差別れるからこそ、この歌とダンスがより感動的になり、思わず涙してしまうわけです。

実際、このシーンで僕は泣きました!

でまあ、そのために上流階級の人たちはワザとらしく、ベタに異形のサーカス団員を差別するわけです。完全にシーンのためにストーリーがある構造。

逆に人気のオペラ歌手が自分の内心を歌うシーン。

「 Never Enough」

こちらもいい曲なのですが、「This is me」のシーンほどは感動できませんでした。

オペラ歌手が登場して、すぐにこの曲を歌うために、観客には共有できるバックボーンがないためです。ストーリーによる装飾がない状態なわけです

別に全部が全部感動的にする必要はないのでしょうが……。
役者さん的には「おい、私のところも感動的にしろよ」と思うかもしれません。

それはさておき、ひるがえってお話作りの教訓にするとしたらば、シーンのつなぎ合わせと配置でストーリーができると思いがちですが、逆もまた正解で、

見せたい、読ませたいシーンのためにストーリーを作ることも必要なんじゃないか! 

そんな感じです。

コメディであれば笑えるシーンを作るために、バトルであれば、血沸き肉躍る戦闘シーンのために、少々強引でもベタでもいいから、ストーリーを展開させる。

そしてそのことが見る者にとって期待できるからこそ、テンプレ作品は人気になるのではと考える次第です。






















0 件のコメント :

コメントを投稿